エンディングノートとは?

エンディングノートって何?

エンディングノートとは、自分の生い立ちを書き留めておいたり、自分が死んでしまったり、病気やけがなどで意識をなくしてしまったり、ぼけてしまったりした時の医療や介護、葬儀についての自分の希望、また、家族へのメッセージなどを書き残しておくためノートです。続きを読む
posted by エンディングノート at 12:23 | エンディングノートとは

自分の死について

自分の死について考えはじめると、自分がこれまで歩んできた人生やまた、これから先の人生について考えることにつながってきます。

自分がどのように死ぬのかということは、どのように生きるかということと同じで、死に方が生き方に通じているといっても良いでしょう。

できれば、石原裕次郎さんの歌にあるように「わが人生に悔いなし」と、最期に言えるような人生を送りたいですね。

自分らしいさよならをする方法→
自分らしい葬儀をあらかじめ企画しておいて、その企画に沿った葬儀を行ってもらうが、「自分葬」です。

また、「家族葬」は、「自分葬」の中の一つになります。

自分葬に関する参考になる書籍をご紹介します。

自分らしいサヨナラをする方法―自分葬、生前葬、散骨、合祀墓…新しい葬儀を考える (ゴマブックス)
新しい葬儀を考える会
内容
今までの葬儀に不満を持つ人や、自分だけの個性的な葬儀をしたいと考えている人へおくる一冊です。葬儀についての基本的事項を見直しながら、新しい葬儀のあり方を提案していきます。

葬儀の出し方、料金、埋葬の仕方、葬儀社の選び方など、葬儀についての基本的事項を見直しながら、生前のうちから自分の葬儀を企画、立案する新しい葬儀のあり方、「自分葬」を提案する
posted by エンディングノート at 13:43 | 自分が死んでしまったら・・・
自分が死んでしまったら、自分の気持ちや希望を、家族やまわりの人に伝えることはできません。

もし、自分が死んでしまったら、両親、夫、妻、子ども、孫、祖父母へのメッセージ、親族だけでなく、親愛なる友人・知人・お世話になった方へのメッセージ、伝えたいことなどが、あるのではないでしょうか。

お世話になった感謝の気持ちや、自分の身の回りの持ち物や財産のことなど。
また、臓器移植について、医師から尋ねられることもあるでしょうし、自分の訃報(ふほう)について、知らせたい人は、誰かなど。

また、自分の葬儀での、責任者、葬儀を行いたい場所、自分を見送って欲しい人たち、遺影の写真はどれがいいか、どんなお葬式をしたいか、どんなことには、お葬式でお金を使って欲しいかなど。

死んでしまってからでは、希望を伝えられないことばかりです。

そういう家族や親愛なる人たちへのメッセージや、希望を生きている間につづっておくことができるのが、「エンディングノート」です。

自分のもしものときを考えて、「エンディングノート」をつづっておきましょう。
posted by エンディングノート at 10:14 | 自分が死んでしまったら・・・

エンディングノートにはこんな種類があります

自分を記録するエンディングノート
自分を記録するエンディングノート
高橋 憲一郎



ハッピーエンディングノート
ハッピーエンディングノート
全教図編集部


私のエンディングノート―自分の歩んできた人生の記録を残そう
主婦と生活社


家族へ贈るメッセージ―いざという時の「エンディングノート」
家族へ贈るメッセージ―いざという時の「エンディングノート」


よくわかる生前準備 (これでOK!)
よくわかる生前準備 (これでOK!)


自分と家族の未来を考えるエンディングノート
自分と家族の未来を考えるエンディングノート
武井 敦司
posted by エンディングノート at 12:50 | エンディングノートの種類

自分が死んでしまった後のために、自分葬、家族葬を考える。

自分が死んでしまった後、お葬式はどうなるのか?
家族に負担をかけてはしまわないか?

そんな心配はないでしょうか。

そんなときのためにあらかじめ、家族だけでお葬式をしたい、親しい人だけでお葬式をしたい、花に囲まれてお葬式をしたい、などと自分の希望をエンディングノートに書いておいたり、あらかじめ、家族に伝えておいたりするのはどうでしょうか。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日華多磨斎場
ご親族 20名
葬儀費用 85万円
ご利用プラン ファミリアプラン

家族中心のこじんまりした規模の葬儀です。親族だけなので落ち着いた雰囲気の中、心のこもったあたたかい葬儀が執り行えました。
斎場も火葬場が併用されているので、とても利便性がよく好評です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このようなプランをそろえ、親身に話を聞いてくれる葬儀ディレクターが担当します。

家族を憶う心をこめた家族葬 ファミリア
葬儀費用といえば
posted by エンディングノート at 11:32 | Comment(5) | TrackBack(3) | 自分葬・家族葬

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。